ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

国民体育大会とは

[2018年7月23日]

ID:172

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民体育大会=国体は広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与するとともに国民生活を明るく豊かにすることを目的として毎年開催されている、国内最大の国民スポーツの祭典です。

国体マーク

  国民体育大会マーク

 

国体の目的

国民体育大会は、広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにしようとするものです。


主催者

〈大会〉 (公益財団法人)日本スポーツ協会、文部科学省、三重県の3者

〈競技会〉 上記に各競技団体、会場地市町を加えた5者


開催概要

国体は、戦後の混乱期の中で国民に希望と勇気を与えるため、昭和21年に京阪神地方において第1回大会が開催されて以来、毎年、各都道府県持ち回りで開催されています。

昭和23年第3回福岡県大会から都道府県対抗方式が確立し、天皇杯と皇后杯が創設されました。また、昭和63年第43回京都府大会から二巡目に入り、全国を東・中・西地区に分けて順に開催しています。

三重県では昭和50年に第30回国民体育大会を開催し、2021年の三重とこわか国体で46年ぶり2回目の開催となります。